後遺障害申告の重要性

交通事故で後遺障害を負った場合、事故以降の生活を守るためにも申告が重要な意味を持ちます。このサイトでは、加害者と医師に対する申告の2ステップを取り上げて紹介します。後遺障害に悩む方に役立つ情報となれば幸いです。

後遺障害の等級判定で、納得のいく結果を得るには、医師に自分の状態を的確に説明しておくことが欠かせません。自分にしかわからない症状や感覚を言葉にして、医師に理解できるように説明するのは、簡単なようでとても難しいことです。そのコツについても取り上げているので、1つの方法として活用しましょう。

後遺症杯の判定は納得できなければ、再度申告することで他の機関の判定を受けられる可能性もあります。後遺症が残っているままで生活する大変さや精神的な苦痛に対して、適切な支援を求めるなら、きちんと申告を行い、自分自身の意思表明をすることが求められます。自動車事故の後遺障害はしっかり申告して自分の生活を守るのが最優先事項です。

被害者側にも何らかの過失があるとして、申告を遠慮する方もいますが、過失割合に応じた減額などが行われるので、遠慮なく現状を申告することが推奨されます。主たる生計者が仕事に支障の出る状態になると、家族全員の生活が困窮する恐れもあるので、申告はシビアに行うのが基本となります。

治療の継続、生活の安定、将来に起こる損失などを含めて補ってもらうためにも、自動車事故の後遺障害申告は、重要な手続きだと考えましょう。