加害者に後遺障害申告

自動車事故で後遺障害がある場合は、加害者や保険会社に対して申告を行います。これは自賠責保険の適用を受けて、保険金や慰謝料の支払いを受けるためです。医師の診断書などの必要書類を基に調査が行われ、最終的な結果が出ます。

後遺障害には1~14までの等級があり、確認できる後遺障害の内容に合わせて、損害の補償を行っています。1級違うだけでも、その保障内容が大きく変わることから、認定によってはさらなるトラブルになるケースも見られます。特に、交通事故ではむち打ち症で、後遺障害認定や症状固定に関して争う状況が多いので、事前に知識を持っておくことも必要でしょう。

申告をしても「非該当」と判定された場合は、異議の申し立てをして新たな申告を行うことが可能です。後遺障害を負いながら、納得のできない保証が決定するのでは、人生まで大きく変わると考えて構いません。必要があれば専門家に相談しながら手続きを進めることで、結果に満足できることもあります。

参照ページ≪交通事故による後遺症の障害等級取得をサポートしているアディーレ法律事務所

後遺障害があることで、今までとは異なる不便さを感じながら、今後の人生を歩むことになります。少しでも不便を快適に変えるには、適切な保障を受けることが必要になるでしょう。申告をしないことで不利益を被ることもあるので、十分に注意して下さい。